【ヒゲ脱毛】病院・クリニック(医療機関)とエステサロンの違い

ヒゲ脱毛の種類

脱毛をする場所を探すと、

  • 医療機関(病院・クリニック)
  • エステサロン

主にこの2つの場所が候補にあがると思います。

「両者を比べてみると、同じように施術をしていて脱毛効果もあるようだけど、何が違うのだろうか?」

と、何がどのように違うのか気になるかと思います。

これらの違いは大きく2つの点で考えることができます。

  • フラッシュ脱毛とレーザー脱毛どちらの脱毛方法なのか
  • 医療機関で医師や看護師がいるかどうか

です。

クリニックなどの医療機関とエステサロンの違いと一言でいうと、

  • 医療機関はレーザー脱毛で医師がいる
  • エステサロンは、フラッシュ脱毛で医師がいない

となります。

医療機関ではレーザー脱毛

医療機関では医療レーザー機を扱うことができますので、レーザー脱毛を行います。

フラッシュと医療レーザーの機器の大きな違いは「照射パワーの違い」ですね。

医療レーザー機器のほうがパワーがあって照射が強力であるため脱毛効果が大きいです。

また、クリニックや病院などの医療機関では、看護師が施術を行いますし、あたりまえですが医師が在中しています。強い照射のため施術中にトラブルが発生したとしても対応することができます。

レーザー脱毛は強力であるとはいっても、私の体験では照射後になにか肌のトラブルが起きるといったことはありませんでした。

エステサロンではフラッシュ脱毛

エステサロンでは医療レーザー機を扱うことができませんので、フラッシュ脱毛を行います。

エステサロンのフラッシュ脱毛では、細胞を破壊するとまではいかず、ダメージを与える程度になります。リスクは少ない代わりに、医療レーザーよりも脱毛効果が弱くなってしまいます。

料金は、レーザー脱毛よりも安くなっています。

また、エステサロンは医療機関ではないので、施術者は看護師ではありませんし、医師もいません。

エステサロンではなぜレーザー脱毛機器を使えないのか?

レーザーによって毛根にある発毛指令をだす細胞を破壊するのですが、この細胞の破壊という行為が法律で医療行為にあたるとされています。そのためレーザー脱毛は、医療機関でしか受けることができないのです。

おすすめはクリニックのレーザー脱毛

クリニックなどの医療機関とエステサロンどちらがよいのかというとクリニックでのレーザー脱毛です。

理由は、レーザーのほうが効果があるからです。

エステサロンのフラッシュ脱毛と比べて、クリニックのレーザー脱毛のほうが料金が高いのですが、効果があるぶん早くヒゲを薄くすることができるでしょう。

ただし、施術時の痛みはレーザー脱毛のほうが大きいのですし、施術後にはヒゲが一時的に濃くなる現象がありますから、我慢が必要ですね。将来の自分のヒゲが薄くなってヒゲ剃りが楽になる、見た目が改善する姿を思い浮かべれば、がんばってやっていこうという気持ちになりますよ。

それに、いくら医療機関とはいっても、照射後に毛嚢炎ができたり、肌が赤くなってしまったりという問題は起こりえます。レーザー脱毛を行う前には、医師・看護師の話をよく聞いて注意事項を把握するようにしましょう。

私はかなりヒゲが濃かったので、効果の大きいレーザー脱毛を選びました。しかし、毛が薄くてそれをなくしたいだけであれば、エステサロンのフラッシュ脱毛でも早めに効果がでるかもしれませんね。

こちらの記事でヒゲ脱毛の種類についてもう少し詳しく解説しています。

参考記事 ヒゲ脱毛の種類とその違い(ニードル・レーザー・フラッシュ)

私がレーザー脱毛したときの体験談も書いています。レーザー脱毛後の経過がわかるので、ぜひ参考にしてください。

参考記事 レーザー照射後の経過【ヒゲ脱毛の体験談】

タイトルとURLをコピーしました