ヒゲのレーザー照射後の見た目の変化。脱毛後にヒゲが抜け始めるのは1週間過ぎてから

ヒゲ脱毛後の変化

ヒゲ脱毛をこれから行う方も、行ったばかりの方も、レーザー脱毛後にヒゲがどのように抜けて、見た目がどのように変化をしていくのか気になるところだと思います。

この記事では、レーザー脱毛後のヒゲの変化について説明します。

照射当日

  • 少々の赤みが出てくる
  • ヒリヒリ感がある

ヒゲ脱毛はレーザーを当てるのですから、少しやけどをするようなもの。肌が赤みがかったりヒリヒリしたりします。

照射前や後には肌に影響が出ないよう、あまり日光には当たらないようにしたほうがいいです。

照射翌日

  • ヒゲは伸びてきておらず、皮膚がガサっとしている

レーザーを照射した翌朝に鏡を見てみると、ヒゲが伸びてきていません。皮膚がガサっとした状態になっていますね。

2日後

  • ヒゲが膨張し始める
  • 毛嚢炎ができる人はでき始める

ヒゲが膨張をし始めて、濃く見えるようになってきます。

また、毛嚢炎というニキビのようなものができる場合があります。

ただ、医師いわく一般的には毛嚢炎ができることは少ないようで、私の場合もほとんどできませんでした。まれに小さいポツっとした毛嚢炎ができたことがある程度です。それも目立つものではありませんでした。

3日後

  • ヒゲが膨張し、いわゆる泥棒ヒゲになる

ヒゲが膨張して濃く見えるようになります。髭剃りをするときは上手くきれいに剃り上げることができないです。

もともとヒゲが濃い人は、かなり濃く見えるようになります。

5日後

  • ヒゲ膨張が落ち着いてくる

ヒゲが膨張して濃くなっていましたが、それが落ち着いてきます。

7日後

  • ヒゲが抜けてきていることを感じ始める

いよいよ、ヒゲが抜ける段階になります。ヒゲが薄くなるのか…と、うれしくなってきますね。

14日後

  • ヒゲが抜けて薄くなってくる
  • ヒゲを触っているとスポッと抜けるヒゲがある

ヒゲが抜けて薄くなっているのが目に見えてわかるようになります。

あまり触らないほうがいいと思いますが、手で引っ張ってみると、するっと抜けるヒゲがあります。

20~30日後

  • ヒゲが抜けるのがおさまってくる

ヒゲが薄くなってきたあとに、抜けるのがおさまってきます。この期間はヒゲが薄い状態で過ごせるので、ヒゲ剃りがとても楽になりますし、肌がカミソリ負けして血がでることもないです。

30~60日後

  • ヒゲが徐々にしっかり生え、強くなってきて、照射前の元の状態に近づいてくる
  • 最後には、ほとんど元の状態の同じくらいのヒゲ量に戻る(95%減少した程度)

最初の数回の脱毛後では、30日くらいたつとヒゲがまたしっかりと生えてきました。

ヒゲ脱毛を何度も行っていくと、ヒゲが再び生えてくる前の薄い状態がさらに長く続くようになりました。

レーザー照射してから2ヵ月もたてば、ヒゲの濃さはほとんどレーザー照射をする前の状態に戻ります。以前よりかは、わずかに量が減っているくらいです。

レーザー脱毛をする前のヒゲの濃さを100%とすると、レーザー脱毛して2か月たった後は95%くらいのヒゲの濃さになっています。

これを繰り返すことでヒゲを薄くしていくわけです。

私がレーザー脱毛をしたときの体験談を書いていますので、ぜひ参考にしてください。

参考記事 レーザー照射後の経過【ヒゲ脱毛の体験談】

コメント

  1. […] 参考記事 ヒゲのレーザー照射後の見た目の変化。脱毛後にヒゲが抜け始めるのは1週… […]

タイトルとURLをコピーしました