ヒゲ脱毛の種類とその違い(ニードル・レーザー・フラッシュ)

Pocket

        

脱毛の方法について調べると、いくつかの種類が出てきますよね。

脱毛前に調べているときには、脱毛には、どのような種類があって、どのような特徴があるのか気になりますよね。

ヒゲ脱毛の主な種類についてまとめました。

3つの種類のヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛の種類について説明したいと思います。ヒゲの脱毛には大きく分けて3つの種類があります。

  1. ニードル
  2. レーザー
  3. フラッシュ

一つずつ説明していきたいと思います。

ニードル脱毛

いくつかある脱毛方法の中で、一番永久的に効果があり、薄い毛や白い毛などに様々な毛質に対応できます。毛1本ずつに処理をしますので、間引きやデザインをするための脱毛に向いています。

具体的な処置方法は、極細の針を毛穴に入れて、その先に電気を流して、毛を作る細胞を処理します。

直流電流を通す方法・高周波を通す方法・その二つをブレンドする方法がありますが、現在はブレンド方法が主流となっています。

ニードル脱毛は、1か所1か所に処置をするわけですので、とても時間がかかりますし、料金も高めになってしまいます。また痛みに関しては、この3種類の脱毛方法の中で一番痛いです。

レーザー脱毛

ニードル脱毛やフラッシュ脱毛は、医療機関でも医療機関ではないエステでも施術することができますが、レーザー脱毛は医療機関でのみ行うことができます。

皮膚科クリニックや美容クリニックなどで行うことになります。

レーザーを照射をするということは、熱で毛根を破壊するわけですから、毛根の中では火傷を起こしたような状態になっています。

そのぶん効果がありますし、ニードル脱毛に比べると、施術時間がかからず、短時間で処置できます。黒いものに反応して熱が発生する施術なので、白髪には効きません。

具体的な処置方法は、数㎝の小さいの範囲で、ピッ、ピッ、ピッとレーザーを当てていきます。

痛みは、よく輪ゴムを思い切り弾いたような痛みと言われますが、私の体験的にはそんなものではないと思います。もっともっと痛いです。

笑気麻酔を使用できる医療機関もありますが、麻酔を使っても痛いものは痛かったですね。

参考:笑気麻酔(ガス)の効果でレーザー脱毛の痛みは減るのか

また、レーザー照射後には、皮膚に赤みが出てきます。私の場合は、一晩たてば赤みは無くなりますが、体質によっては何日か赤みが出続ける場合もあるようです。

フラッシュ脱毛(光脱毛)

こちらも永久的な脱毛方法です。効果は、針脱毛・レーザー脱毛に続いて3番目だといえます。

光脱毛は、複数の波長を組み合わせた光を皮膚に当て、毛の黒い色素に反応させて、その下にある毛の細胞を処理します。

レーザー 脱毛よりも更に施術が短時間で終わる場合が多く、赤みが出にくく、ニードル脱毛や医療レーザー脱毛よりも痛みが少ないのが特徴です。

また永久系脱毛の中では値段が一番安い場合が多いですので、永久系脱毛がしてみたいけれど、痛いのが苦手。安く行いたい。と考えている方にいいかもしれません。

痛みが少ないのはいいことではありますが、それは効きが弱いことの裏返しです。「早く効果を得たい。そのためなら痛みになんて耐えてやりますよ!」と言える方は、レーザー脱毛がよいでしょう。

        
Pocket