夏休みの初日にヒゲ脱毛をすれば、他人に脱毛がバレにくいです

クリニックの選び方と予約

レーザーでヒゲ脱毛をすると、一時的に数日間はヒゲが濃くなって泥棒ヒゲになったり、毛嚢炎ができたりすることがあります。

ヒゲ脱毛行ったことを周囲の人にオープンにできればいいのですが、誰にも言わずにこっそりとやっている人は、会社や学校では周りの人にバレたくないですよね。

私の場合、レーザー照射をしてから4~5日目くらいまでは、通常時よりもヒゲが膨張して濃く見えるように思いました。この期間をなんとするための方法は2つあります。

  • その間だけマスクをつけること
  • 4~5日以上の連休の初日に照射すること

です。

マスクをずっとつけておくことができれば、周りの人にはバレませんね。

昨今のコロナ禍にあっては、家の外に出るときにはマスクをつけるのが普通です。隠すことができますね。

また、長期休み・連休の最初にヒゲ脱毛をすれば、その後の数日は家にいるようにすれば、人に会わずに過ごすことができますね。

夏休みの長期休暇の初日にレーザー照射を行うのはどうでしょう?

社会人の夏休みは、5~10日間程度になるでしょう。

夏休みの初日にレーザーを照射し、数日は泥棒ヒゲになって人に会わずに自宅でゆっくりする。夏休みが長ければ後半は外に出て遊ぶ。

こうすれば、会社や学校で、泥棒ヒゲになったのを人に見られずにすみます。見た目の変化で仕事に支障がでることもありません。

学生であれば夏休みはながいですから、そのあと数日間は、友達に会わない、バイトに行かない日にして、自宅で過ごしたりすればいいでしょう。

私がレーザー脱毛をしたときの体験談をこちらに書いていますので、ぜひ参考にしてください。

参考記事 レーザー照射後の経過【ヒゲ脱毛の体験談】

タイトルとURLをコピーしました