怖いヒゲ脱毛。何事も飛び込んでやってみることが大事

Pocket

        

ヒゲのレーザー脱毛にはリスクがあります。リスクとは不確実性のことです。どうなるかわからない…ということですね。

  • レーザー照射して数日はヒゲが濃くなってしまうらしいが、どのくらい濃くなるのだろうか…
  • 毛嚢炎ができる人がいるらしいが、私にもできてしまうのだろうか…
  • 周囲にはバレてしまわないだろうか…
  • どのくらい痛いのだろうか…

どうなるかよくわからないことは、たくさんあります。

すべてに共通していえることは、事前に100%のことを知る術はないということです。

私はヒゲ脱毛を始める前にかなり迷っていました。やってみようかなと考えだしてから2ヵ月間くらい、いろいろ情報を見たり、悩んでいたりました。

今となってみれば…ですが、迷っている時間がもったいなかったなと思います。

ある程度の情報を仕入れたら、それであとはやってみる、飛び込んでみることです。クリニックに行けば、プロの話を聞くことができますから、ヒゲ脱毛について理解が進みますし、どのようなものなのかがわかるでしょう。

でも私はすぐに始めなかった。始めるのを躊躇していた。新しいことに取り組むときに、事前に情報を隅々まで集めて調べなければ、と思い込んでいたのです。わからない部分があるなかで始めることが恐かったのでしょう。

WEBサイトでヒゲ脱毛に関する情報はすぐに見つかります。いろいろと調べ始めた最初のうちは、なるほどそうなのかとわかってきます。

しかし、そのうち頭打ちになって、WEBの情報だけではこれ以上はわからないというところまできたら、それ以上情報を集めてもあまり意味がないでしょう。おそらくその時点で知ることができる情報のほとんどを知ってしまっているからです。すべてを事前に知ることはできません。

なにか新しいことを始めるときには、やってみなければ、どうなるかはわからないのです。

レーザー照射はとても痛い、毛嚢炎ができる可能性があるなど様々な情報はありますが、それらは、人それぞれの体質によって、自分にどれだけ当てはまるのかは変わってきます。私はほとんど毛嚢炎ができることはありませんでしたし、涙ながら痛みにも耐えました(微小な毛嚢炎のようなものはできました。1~2日くらい)。

やってみたら大ケガをする可能性が大きい場合、あるいは致命的な状態になる可能性がある場合であれば、事前に情報を徹底して集めて精査すべきでしょう。しかし、ヒゲ脱毛はそのようなものではないと思います。

まず、飛び込んでやってみればいいのです。それでダメだったらダメで、その行動した結果から学びを得ればいいのです。

1回やってみて、やっぱやらなくていいいかなと思えば、それで終わりにすればいいのです。

ある程度ヒゲが濃い人であれば、脱毛を1回行っただけではヒゲの状態にほとんど変化は出ません。直後は多少薄くなっても、しばらくしたら元の状態から少しだけ薄くなった状態になります(だから何度も脱毛を繰り返す必要があるのです)。

レーザー照射が痛くても照射時間は10~15分程度です。耐えればいいのです。どうしても耐えられないのであれば、照射レベルを下げてもらえばいいのです(私は「レーザーを弱くしてくれ」とは恥ずかしくて言えないこともあり、耐えました。男なら耐えよう)。

照射漏れの可能性が気になるのであれば、実績の豊富なこちらのクリニックので行うのがよいかと思います。

私もここでレーザー脱毛を行いました。WEBサイトで多数の施術例が掲載されています。照射漏れも心配には及びません。日々レーザー照射を行っている看護師さんが行うのですから、ミスすることもほとんど無いでしょうし、仮に、部分的にヒゲが残ってムラができてしまったとしても、再照射してもらえばいいのです。

まずトライしてみないことにはなにも始まりません。何事もそうですが、勇気を出して飛び込んでやってみることで、前に進めるのだと思います。

        
Pocket