女性看護師にヒゲ脱毛をしてもらうのは恥ずかしいから男性看護師を指名できるか

ヒゲ脱毛の心配事

ヒゲ脱毛をするときに、女性の看護師がレーザー照射してもらうことになったら恥ずかしい…と思う方がいるでしょう。

ヒゲ脱毛する方は、ヒゲが濃いのがコンプレックスになっている人が多いと思います。女性から好かれないということが悩みのひとつですよね。その悩みを解消するときに、女性にやってもらうというは気が引ける方もいるかと思います。

男性看護師を指名することができるかどうかについて、クリニックのWEBサイトなどで情報を集めました。

ゴリラ脱毛では、完全に指名することはできないですが、希望を伝え相談することはできるようです。

湘南美容外科クリニックでは、施術スタッフは男性か女性のどちらかになり、基本的には看護師の指名はできないようです。

メンズリゼクリニックでは、新宿院のサイトを見ると、在籍しているのは男性看護師だけです。ただし、看護師の指名は行っていないようです。また、他の場所の医院では女性の看護師がふつうにいるようです。

予約メールをするときに、いっしょに質問・相談をしてみるとよいでしょう。

どこのクリニックでも、完全に指名して必ず男性看護師に照射してもらうことは難しいです。そもそも日本のなかで、男性の看護師自体が人数は少なく、看護師部隊は女性中心になるのがふつうだからです。

また、男性のヒゲ脱毛クリニックはお客が絶えなくて忙しいので、指名の対応が難しいのでしょう。

とはいえ、できれば男性看護師のほうがいいな、とは思いますよね。私も最初はそう思ってました。1回目、2回目は女性看護師で、3回目に男性看護師にやってもらいました。 その後はすべて女性看護師でした。たしかに、男性からやってもらっているほうが、変に気構えなくてよかったですね。

でも、何度か女性看護師からやってもらっているうちに、女性看護師にレーザー照射してもらうことに慣れました。最初は、気おくれしてしまうかもしれませんが、ものごとはなんでも慣れるものです。クリニックを予約するときに相談してみてもダメだったら、女性看護師からレーザー照射をしてもらいましょう。

慣れるというのは、女性看護師も同じです。男性へのレーザー照射を初めて行ったときには、驚きのような感情があるものかもしれませんが、そのうちなんとも思わなくなるでしょう。日々、男性患者にレーザー照射を行っているのですから慣れてきます。べつに看護師からどうこう思われることはありませんよ。

タイトルとURLをコピーしました