ヒゲ脱毛して薄くすると若く見られるようになるか

Pocket

        

若い人はフレッシュ感がありますよね。なぜそう感じるのかというと、一番は顔の肌によるものでしょう。肌がきれいなほど若く見えて、肌の毛穴が開いたりシミが多くあると老けて見えてしまいます。

澤田彰史著「見た目年齢の9割は肌で決まる!30歳からのメンズ・アンチエイジング」には、こんなことが書かれています。

肌年齢は何によって決まるのでしょうか。それは、顔の中に占める「黒い色の部分」の量( 目・鼻・口・眉毛を除く)で決まります。

黒い部分とは、まずシミです。それからクマ、シワやたるみも影の部分ができるので、老けて見えるとのことです。

眉毛は除く、と書かれていますが、ヒゲはどうなのでしょうか。ヒゲについて考えてみましょう。

 

ヒゲの濃さは貫禄を醸し出す

一般的に年齢を重ねるほど、ヒゲは濃くなっていきます。高校生にはヒゲが少ない、あるいはつるつるの人が多いですし、40代、50代になるとヒゲがびっしりと生えている人が多くなるでしょう。

これは、加齢していくにしたがって、ヒゲが太くなっていきますし、量も増えていくからのです。実際の年より上の年に見られたいために、ヒゲを生やすような人もいます。

小野三嗣著「ひげの科学」には、ヒゲの量と太さを、20代、30代、40代など各年代ごとに測定した結果が書かれていました。それを見ると、たしかに年齢が上がるほとヒゲの量が増え、ヒゲの太さが増すというデータが得られていました。

海外にいって仕事をする人は、ヒゲを生やすことが多いですよね。たとえば野球選手でアメリカのメジャーリーグに挑戦する選手を見てみると、日本ではヒゲを生やしていなかったのに、アメリカではヒゲを蓄えてバットを振る姿、ボールを投げる姿が見られます。

これは、ヒゲを生やすことで大人に見せる、貫禄があるように見せるが目的でしょう。日本人は欧米の人と比べたら童顔なので、子供のように見られてしまいやすいです。

ヒゲは、年齢を上に見せる効果があるといえます。つまりヒゲが濃いと老けて見られる、ということです。

 

ヒゲの濃さは年齢を判断する材料

ヒゲが濃いことは年齢が上であることを示すことでもあり、他者から見たときには、ヒゲの濃さは年齢を判断するためのひとつの材料になりえます。

人の容姿を見て年齢を判断するときには、様々な視覚情報を処理して総合的な判断をするはずで、たとえば、顔の肌、手や腕の肌、顔の作り、服装、立ち振る舞い、話し方などあります。

顔の肌質がどのようなものかが最も大きな判断材料でありますが、ヒゲの濃さも大きな判断材料になるでしょう。

身近な人でヒゲがぜんぜん無い人と、ヒゲが濃い人を思い浮かべて比較してほしいのですが、どちらが若々しく見えるでしょうか。ヒゲがぜんぜん無い人は若々しく見えて、ヒゲが濃い人をそれよりも年齢が上であるとか、あるいは大人に見えるはずです。

 

脱毛すれば若く見えるようになる

これらのことから考えると、いまヒゲがびっしりと生えた濃い状態の人であれば、ヒゲ脱毛して薄くすることによって、若く見られるようになることがわかります。

ヒゲ脱毛には若返りの効果があるといえるでしょう。

肌質の改善効果もあります。年齢を判断するための一番の材料は、やはり肌です。

ヒゲが濃いと髭剃りのときにカミソリ負けをしてしまって、肌が荒れてしまいます。私もヒゲ脱毛する前は、よく血を出してしまったり、肌が荒れてしまったりして、ひどい目にあってました。

ヒゲを薄くすることによって、カミソリ負けが完全に無くなります。血が出ることもなくなりますし、肌荒れもなくなります。これは、肌がきれいになる効果をもたらすでしょう。

結果、以前よりも若く見られるようになるはずです。

 

        
Pocket