【濃いヒゲは「清潔感がない」と女性から思われる】ヒゲ顔に清潔感を持たせる方法

ヒゲの見られ方

無精ヒゲを生やしていたり、ヒゲの剃り残しがあったりすると、女性から清潔感がないと思われてしまいがちです。

汚らしくヒゲを生やしていたら不潔とも思われかねません。キレイに手入れをしていても清潔感があるとはあまり思ってもらえないでしょう。

清潔感の重要性と、ヒゲが濃い人が清潔感を出す方法について解説します。

清潔感の重要性

清潔感は、女性が男性を見るときに、もっとも重要視する要素であり、かつ最初にチェックすることです。

私たち男性も、はじめてあう女性を見るときには見た目がどうなのか、清潔感のある女性なのか、それとも不潔な女性なのか…。意識はしていなかったとしても、なんらかの判断を下しているはずです。

それと同じで、女性が私たち男性をみるときにも、一番最初の印象として、清潔感があってよい雰囲気の人なのかどうかを見ています。この最初の印象が肝心なのは言うまでもないですよね。

「この人、不潔!」と烙印を押されてしまうと、そこから好かれていくことは難しくなります。

本能的に判断をしているのですよね。まずパッと見で、よいか・よくないかを判断しているのです。

女性が好むヒゲは条件付き

ヒゲが好きな人もいるにはいます。ただ、どんなアンケート結果を見ても、「ヒゲが好き」の言葉のあとに次のような言葉がついてきます。

  • ただし、似合っている人のみ
  • ただし、イケメンに限る
  • ただし、きちんと手入れされている場合

「ヒゲが好き」は限定付きなのです。

ヒゲが似合うかどうかは、顔の骨格、目鼻立ちなどによりますから、似合わない人はもうどうしようもないです。イケメンでない人も、表情は変えることができても、顔のつくりは変えられません。

ヒゲをオシャレに手入れをするのも手間がかかります。維持し続けなくてはなりません。それに、オシャレなヒゲにするにも、勉強が必要です。

そもそもなのですが、ヒゲが好きな人よりも、嫌いな人が多い事実。これを受け入れなくてはいけませんよね。日本はそういうところのようです。

ヒゲは清潔感と逆行する

ヒゲを伸ばしたり、無精ヒゲを生やしたりすると、基本的には清潔感は無くなっていきます。女性はヒゲが好きではないですし、清潔感を求めます。

であれば、私たちはヒゲをどうすべきなのかというと、毎日キレイに剃ることで決定です。他に選択肢はないですよね

しかし、です。困ったことにヒゲが濃い人は、ヒゲをキレイに剃ったとしても、清潔感が無いように見られてしまいます。それは、青髭状態になってしまうからです。

青髭は、あまり清潔ではないイメージになってしまいます。

ヒゲが濃い人が清潔感を出すには?

ヒゲが濃い人は、清潔感を演出するには、どうしたらよいのでしょう?

ひとつは、丁寧にヒゲを剃ることです。

毎朝、ヒゲを温めてシェービングクリームを使って、品質のよいカミソリでヒゲ剃りする。青髭状態になるにしても、剃り残しであるとは、カミソリ負けして血がでることがないように気をつけます。青髭になってしまったとしても、キレイに剃り上げているほうがよいでしょう。

もうひとつは、ヒゲ脱毛によって、ヒゲを薄くしていくことです。

いくら丁寧にヒゲを剃っても、めちゃくちゃヒゲが濃い人は、青髭になるだけで、清潔感を出すことは難しいです。

これは剃り残しがあることが原因ではなくて、ヒゲが濃くて皮ふに埋まった濃いヒゲが透けてしまうことが原因です。だから、しっかりヒゲを剃ってもどうしようもできないことなのです。

かくいう私がそうでした。青髭になっていました。ヒゲを生やすこともできません。ヒゲが似合わないですし、イケメンでもないですし、口の周りにびっしりと生えていて、そのまま伸ばしてもカッコよくならない生え方でした。

手入れするにも時間がかかりすぎます。こんな状態であればヒゲは剃るに限るのですが、ヒゲを剃ったとしても青髭になってしまうのです。

いずれにしても大多数の女性から好かれないでしょう。

しかし、ヒゲ脱毛をすることによって、かなり濃いヒゲから、ふつう程度の濃さのヒゲにすることができました。”青髭”と呼ばれる状態から脱却できたのではなないかと思っています。

お金はかかりますが、ヒゲのレーザー脱毛を行うことで、ヒゲを薄くすることができ、「この人、不潔!ムリ!」と女性から思われてしまうことを防ぐことができます。

ヒゲが濃い方がさまざまな女性から清潔感がある人だな、と思ってもらうためには、ヒゲを薄くしないとダメです。

このWEBサイトには、ヒゲ脱毛を始める前に知っておきたいことをあれこれと書いています。ぜひ参考にしてください。

参考記事 ヒゲ脱毛を始めるために必要な情報や知識

タイトルとURLをコピーしました