ヒゲ脱毛したいけど不安で一歩を踏み出せない方へ。ヒゲ脱毛は将来への投資だ!

ヒゲ脱毛の心配事

ヒゲ脱毛をすることで、日々のめんどうなヒゲ剃りから解放されます。ヒゲ剃りの時間が減少して、肌が荒れてしまうことも無くなるでしょう。

こういったヒゲ脱毛のメリットに関することなど、あらかたヒゲ脱毛情報がわかっていて、「やろうかな」「どうしようかな」と悩んでいる状態の方へ向けてこの記事を書きました。

ヒゲのレーザー脱毛には大きなメリットがありますが、色々な問題点がありますよね。レーザー脱毛が痛いこと、脱毛直後はヒゲが膨張して濃くなってしまうこと、お金がけっして安くないこと、などです。

私も、ヒゲ脱毛をする前は長いこと「どうしようかな」と悩んでいました。ヒゲ脱毛をやってみた結果思ったのは、なんであんなふうに悩んで時間をつかってしまっていたのだろう、もっと早くやればよかった、ということです。ヒゲ脱毛は将来への投資です。

投資とはなにか

株式投資とか不動産投資とか、○○投資というものがありますね。投資とはなにか。それは、

「今ある確かなものを差し出し、リスクを受け入れ、将来にリターンを得ること」

です。

株式投資でしたら、自分の持っているお金を引き換えに会社の株を買います。その後、自分が買った株が将来に値上がりすることがあれば、自分が支払ったお金以上のリターンを得ることができます。しかし、株価が下がることもありえます。

不動産投資も同じですね。マンションを購入して貸し出し、賃貸収入を得ることができます。しかし、そこに確実に入居者があるとは限りません。

一つ言えるのは、投資をしなければ、リターンを得ることはありえないということですね。

ヒゲ脱毛は投資だ

ヒゲが濃くて本当に悩んでいる人にとっては、ヒゲ脱毛は将来への投資であると思います。ヒゲ脱毛投資です。

ヒゲ脱毛にかかるお金や時間は、今の自分が持っているものです。これを差し出してヒゲ脱毛を行って、将来に薄くなったヒゲを得ることができるのです。

また、ヒゲ脱毛をするにあたっては、そのリスクも受け入れなくてはなりません。ヒゲ脱毛の直後はヒゲが膨張して濃く見えるようになります。この時期は、仕事によってはマスクなどで隠す必要があるかもしれません。

また、レーザー脱毛は非常に痛いです。これにも耐える必要があります。

現在はメディオスターという痛みが少ない脱毛機が普及し始めています。有名どころのクリニックでは、ゴリラクリニックや湘南美容外科クリニックで導入されています。

私も体験しましたが、従来のレーザー脱毛機より痛みは少ないです。痛みを少しでも避けたいならメディオスターを指定してヒゲ脱毛を受ける手もあります。

お金、時間を差し出し、リスクを受け入れてはじめて、ヒゲ脱毛の恩恵にあずかれるのです。

「お金も出したくない」、「時間も使いたくない」、「脱毛直後にヒゲが濃くなるのは嫌だ…」、と言う人は、ヒゲを薄くすることはできないです。

今自分が持っている何かを差し出したり、リスクを受け入れなければ、自分のほしいものは手に入らないのです。これがヒゲ脱毛が投資だということです。

早くやるべき理由

ヒゲ脱毛をしようと思ったのなら、早く始めるべきだと思います。私がヒゲ脱毛をしようと思ったときに、不安なこと色々あってすぐに始めることができませんでした。やってみた後には、もっと早く始めればよかったと思ったわけですが、その理由は次の2点です。

  • ヒゲが薄くなるのに時間がかかるため
  • 効果を早く得たほうが人生にプラスになるため

この2点は関係していることではあるのですが、それぞれ分けて説明します。

ヒゲ脱毛の効果を得るには時間がかかる

一度、ヒゲにレーザーを当てて脱毛をすると、その次に脱毛できるのは、2ヵ月後くらいになってしまいます。

レーザー照射をしてしばらくするとヒゲが抜けてきます。私の場合は、レーザー照射してから2~3週間後の時期にヒゲが薄くなっていました。レーザーは実際に生えているヒゲだけに効きます。そのため、このヒゲが薄くなって生えていない時期に次のレーザー照射をしても、脱毛効果が得られません。

参考記事 ヒゲ脱毛の期間は何ヶ月かかるのか。脱毛の仕組みから説明

ヒゲがかなり濃い人が、そこそこ薄くしようと思ったら、10回程度の脱毛は必要で、1回1回の脱毛の間に期間を空けなければいけないので、1年半~2年程度の時間がかかってしまいます。

脱毛してヒゲが薄いのを早く得たいのであれば、時間がかかるのですから、早く始めれば始めるほどよいですよね、という話です。

効果を早く得るほど人生にプラスになる

もうひとつは、効果を早く得れば得るほど人生にプラスになることです。

ヒゲ剃りのときに血が出なくなった、頬とかムダ毛が減った、見た目がよくなった、といったプラス効果がありました。これは今後一生、活き続けます。ずっとその効果を得続けることができるのです。

ヒゲ脱毛を始めようと思い始めたのに、

  • 「ヒゲ脱毛しようかな、どうしよう」
  • 「とりあえず様子見てやめておこう」
  • 「やっぱ、やったほうがいいかな…」

などと考えていて、ヒゲ脱毛をやらずに2年間の時間が過ぎてしまったとしましょう。

その間は、それまでと同じように、ヒゲが濃いことに悩まされる人生を続けたのです。

やろうと思ってすぐにやり始めていれば、ヒゲが薄くなることで得られるプラス効果が得られ始めていたはずです。

朝のヒゲ剃りは楽になって、全体的にヒゲが薄くなり、頬のヒゲも無くなり、見た目がよくなっていたはずなのです。

2年間をムダにした、ともいえるかもしれませんね。

試しにやってみる精神の大事さ


by:T. Fernandes

ヒゲ脱毛をプッシュしていますけれども、ムリにやることを勧めているわけではありません。

ヒゲ脱毛のことをきちんと調べて考えた上で「ヒゲ脱毛はやらない!」と決断したのであれば、それはそれでよいことです。

よくないのは「どうしようかな」と悩んで過ごす時間だと思います。

そうやって長い時間を悩んでしまうならば、1回試しにやってみればいいのです。

ヒゲが濃い人であれば、1回やってみてもヒゲの濃さはあまり変わりません。何度もやって薄くなってくるものだからです。ヒゲ脱毛に力を入れているクリニックであれば、初回トライアルとして、はじめての方が試しにレーザー脱毛を受けてみる体制が整っています。

やってみてわかることはたくさんあります。クリニックのカウンセリングで色々わからないことを聞くことができますし、一度でもレーザーを受けてみれば、いろんなことがわかります。

1回やってみて、それでその後も続けていくかどうかを考えてみればいいのです

若いうちからやるべし


by:Thomas Leuthard

時間がもったいないと思うのは、とくに若い方です。私は、30歳になったころにヒゲ脱毛を始めました。 それまでずっと濃いヒゲに悩まされ続けていました。朝ヒゲ剃りをするときにカミソリ負けして、口まわりから血が噴き出してしまうことは、少なくありませんでした。

そんな状態で会社に行ったり、彼女と会ったりすることもありました。

若い頃の私は、ヒゲ脱毛のことを知りませんでした。スマホも無かったですし、あまりネットで検索して何かを調べることをしていなかったのです。ヒゲ脱毛自体そんなに一般的に知られていなかったかもしれません。

こうしてこのサイトを見てくれて、ヒゲ脱毛のことをネットで情報収集しているあなたには、早くからヒゲ脱毛を試してみることをお勧めしたいです。

迷っている時間がもったいない

どうしようかな、やろうかなと迷ってしまうのはなぜでしょうか。きっと怖いだけじゃないでしょうか。

やったらどうなるか、調べても完全にはわからないですから、一歩を踏み出せないのです。

これはヒゲ脱毛だけじゃなくて、他のどんなことでも言えることです。

私がそうでした。ヒゲ脱毛をやろうと思って情報を集めたあとでも、どうしようと悩んで、何もせずにムダな時間を過ごしていました。だから、私はあなたの背中を押したいと思います。やろうと思っているなら、絶対に早くやるべきです。

ここまで書いたことであなたの背中を押すことができたら、あなたに勇気を与えることができたら、うれしく思います。

人のやる気は、やろうと思ったその時が、一番やる気に満ちています。そのやる気の火を上手に活用する秘訣は、計画や予定を組んでしまうことです。

心のなかで決めただけでいると、明日になればやる気という火がひとまわり小さくなり、明後日にはさらに小さくなり、一週間後には消えてしまいます。私もそうなってしまったことがたくさんあります。ここに書いたことは、自分への戒めでもあるのです。

私はゴリラクリニックでレーザー脱毛を行いました。実績のあるクリニックです。

また、1回目から9回目のヒゲ脱毛の体験談記事を画像付きで書いていますので、ぜひ見てみてください。

参考記事 レーザー照射後の経過【ヒゲ脱毛の体験談】

タイトルとURLをコピーしました