ヒゲの無い友達が羨ましい

ヒゲ話

ヒゲ剃りはほとんどしていないくて、何日もヒゲ剃りをしなくても、チョロッとヒゲが生えてくる程度。

そんなヒゲをもつ友達が身の周りにいないでしょうか。

彼らは、毎日ヒゲ剃りをする必要もないですし、ヒゲが少し生えてきても、軽くカミソリをや電気シェーバーをあてれば、きれいにすることができるのです。

一方の自分はというと、毎朝毎朝、時間をかけて深剃りをして、カミソリ負けで肌を痛めつつ、外へ出かけていく。外で人に会ったら、「ヒゲが濃いね」と言われたりして…。

まあ、いろいろとめんどくさいです。

ヒゲの薄いというかほぼ無い友人が、正直、羨ましく思いました。まあ、無いものねだりなのですけどね。

自分のヒゲの濃さを思い知る

ヒゲが薄い、あるいはヒゲが無い友人との違いが如実にわかるのが、友人と旅行に行ったり、あるいは家で一緒に遊んで泊まったときでしょう。

夜を過ごして翌朝になったとき、友人との口周り状況の違いに愕然とします。友人はなにもヒゲは生えていませんが、私はヒゲが生えてきてジョリジョリとしているわけです。

なんでこんなに違うんだ!と叫びたくなります。

ヒゲが生えないのはなぜなのか

ヒゲがたくさん生えるかどうかは遺伝、体質で決まります。生えない人は生えないですし、生える人は生える。薄い人は薄いですし、濃い人は濃い。

それだけの話です。

今、あなたが20歳くらいでヒゲが濃いのであれば、当たり前ですが、ここから自然と薄くなることはありません。これからさらに濃くなっていくはずです。

ヒゲは、子供から大人になるときに生えてきますが、大人になった後、20才よりも30才、30才よりも40才のほうが、ヒゲが太くなり、量も増えるものなのです。

自然に抗う脱毛という技術

ヒゲ剃るのは大変、ヒゲの無い友達が羨ましい。

これから、さらにヒゲが濃くなっていく。

自然に身を任せているだけでは、これは変えることができません。

しかし、現代には脱毛という技術があります。

ヒゲのレーザー脱毛は、昨今さまざまな人が行うようになっていて、芸能人もSNSで「ヒゲ脱毛行ってきました~」と発信していたり、脱毛クリニックのWEBサイトでは、芸能人の脱毛体験談が見聞きできます。

ヒゲの無い友人を羨ましいと思うあなたも、その友人のようにヒゲを無くすことができるのです。

ヒゲを薄くするには時間がかかるので、やるなら早くしたほうがよい

ただ、すぐにはできません。ヒゲがかなり濃い方がヒゲを完全に無くそうとすると、相当な時間がかかります。

ある程度薄くして、ヒゲ剃りの負担を減らすのにも、1年くらいはかかります。

レーザー脱毛を行うのは、1ヵ月に1回、または2ヵ月に1回となります。1回脱毛をしたら、1~2ヵ月間の期間をあけてから、次の脱毛を行うのです。

ヒゲに限らず、毛には、成長して伸びている場合と、休んでいる場合があります。今生えてきているヒゲにレーザーを照射すると、今伸びている毛には効果がありますが、休んでいると効果が無いのです。

1回脱毛をしたら、1~2ヵ月間をあけてから次の脱毛をする理由はここにあります。

1~2ヵ月すると、休みが終わって伸び始める毛が出てくるので、レーザーを照射すれば、その毛を脱毛することができるからです。

1週間に1回、毎週毎週ヒゲ脱毛をしたとしても、前回のレーザー照射をした毛にまた照射しても意味がありませんし、休んでいる毛は休んだままなので効果が得られず、費用ばかりがかかってしまうのです。レーザーによる肌へのダメージも問題となります。

このような理由で、レーザー脱毛は1~2ヵ月に1回の脱毛がふつうです。そして、かなりヒゲの濃い方が、「ヒゲが薄くなってきたな~」と実感するためには、10回程度は必要です。早い方でも5回は必要でしょう。

そして、ヒゲを完全に無くそうと思ったら、さらに時間がかかります。

だから、脱毛によってヒゲを薄くしようと思い立ったら、早く始めるべきでしょう。私は、脱毛をしようと思ってからも、なかなかその一歩を踏み出すことができずにいました。色々と心配はあったのですが、やってみれば、そんなに問題となることではなかったです。

ヒゲ脱毛がどのようなものなのか。

私がレーザー脱毛をしたときの体験談をこちらに書いていますので、ぜひ参考にしてください。

参考記事 レーザー照射後の経過【ヒゲ脱毛の体験談】

タイトルとURLをコピーしました