メディオスターと従来のレーザー脱毛機の違い

ヒゲ脱毛の種類

メディオスターとは近年普及し始めてた新タイプの脱毛機の機械名です。蓄熱式の脱毛機で、従来の脱毛機と比べて痛みが軽減されていることが最大の特徴です。

従来のレーザー脱毛機とメディオスターの違いは、脱毛メカニズム、痛み、脱毛後の肌の状態、髭が薄くなる過程、照射漏れなどに違いが見られます。

医療レーザーの種類として、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザー、ダイオードレーザー、などがあります。

それらを搭載した脱毛機として、

  • アレキサンドライトレーザーを搭載したジェントルレーズ
  • ヤグレーザーを搭載したジェントルヤグ
  • ダイオードレーザーを搭載したライトシェアデュエット

などがあります。

メディオスターが従来の脱毛機と何が違うのか、また照射後の違いについて書きました。

脱毛メカニズムの違い

メディオスターの違いは、蓄熱式という点です。

まずは従来の脱毛機から順番に説明していきます。

従来の脱毛機

メディオスターが普及し始める前に使われていた従来の医療レーザー脱毛機は、レーザー光線によって、毛根を熱破壊するというものです。現在も使われていますが。

メディオスター

一方のメディオスターは、毛根を破壊するのではなく、蓄熱式脱毛理論を活用した脱毛機です。

毛根を熱破壊するときに痛みが発生するのですが、メディオスターは毛根を破壊するのではなく、もっと浅い位置にあるバルジと呼ばれる発毛因子を破壊し、毛の再生を防いて脱毛を行います。

髭に限らず毛は、成長して伸びているときと、抜け落ちてしまうときがあります。その毛が生え変わるサイクルのことを毛周期といい、3つの段階に分かれます。

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

成長期は、毛が伸びている時期
※毛根の一番内部にある毛母細胞が分裂を繰り返して毛を押し上げます

退行期は、毛母細胞の分裂が衰え、毛が伸びなくなってくる時期

休止期は、毛の生育がストップする時期

です。

従来のレーザー脱毛機では、このうちの成長期の段階にある毛にしか効果がありません。しかし、メディオスターは、後退期にある毛に対しても効果が脱毛効果が得られるのです。

痛みの違い

従来のレーザー脱毛機は、照射が強烈です。ピッ、ピッと機械音が鳴りながらビシバシと照射が行われます。

鼻の下、口下のアゴ部分などは、毛の密度が高いですから、痛みが相当強くなります。とくに髭が濃い方は、そうです(ヒゲが濃ければ濃いほど痛くなる)。私はかなり髭が濃かったですから、拷問のような痛みでした。

メディオスターは、上記のように、毛根を熱破壊するわけではないので、脱毛時の痛みは、従来の脱毛機と比べると痛みが少なく、また、火傷のリスクも小さくなっています。

メディオスターNext Proは、脱毛機の照射口に冷却装置が付いており、レーザー照射部分で発生した熱をすぐさま覚ましてくれるのです。ここにも、熱を和らげてくれる理由があります。

実際に私が体験したときにも、

1回ずつ点で照射をするのではなく、皮膚上に照射口をスライドさせて、ピピピピピピと連続照射する感じです。痛いという感覚ではなく、ジリジリとした熱を感じるくらいでした。

看護師さんの話では、メディオスターでも痛くて涙を流してしまう人もいるようです。人によっては、メディオスターといえども、痛みがあります。私は、ぜんぜん痛いという感覚ではありませんでした。

照射後の肌の状態の違い(赤みや毛嚢炎など)

赤み

照射後の赤みが少なかったですね。従来のレーザー脱毛機では、照射した日は赤みが出ていましたが、メディオスターは赤みがほぼ出ませんでした。照射当日もマスクなしで普通に歩けました。

また、従来の脱毛機で照射した後には、赤みが出ていました。一晩たてば消えるようなものではありましたが、クリニックで脱毛を終えて街中へと出るときには、マスクをつけることが必要でしたね。しかし、メディオスターでの脱毛後には、赤くなることはなく、マスクつける必要もありませんでした。

毛嚢炎

私の場合は、従来のレーザー脱毛機でも、メディオスターでも毛嚢炎の出来具合は変わりませんでした。どちらもほとんど毛嚢炎は発生しません。

たまに脱毛を行った2~3日目には、小さな赤いできもの、毛嚢炎が少しできることがありました。これは従来のレーザー脱毛機でも、メディオスターでも同じくらいできました。(目立つほどのものではありません)。

毛の焦げ

従来のレーザー脱毛機は、照射パワーが強く、髭が焦げた状態になります。脱毛後には、自分の口周りが少し焦げ臭くなりますね。

照射後の泥棒髭の違い

メディオスターは、従来のレーザー脱毛機と比較して、脱毛後に泥棒ヒゲになりにくかと思います。

泥棒髭とは
よくマンガであるような泥棒がたくわえているような、口周りの濃い髭のことです。レーザー脱毛後には髭が膨張して、一時的に髭が濃く見えるようになります。
その後、髭は薄くなってきますが、私の場合、従来のレーザー脱毛機で脱毛すると、5日くらいまでは髭が濃くなっていました。まさに泥棒ヒゲになっていました。

従来のレーザー脱毛機だと、照射から数日はヒゲが膨張して、より濃く見えるようになりました。照射から4日目までヒゲが柔らかくなっているようで、髭を根元まできれいに剃るのことができませんでした。

しかし、メディオスターでは、多少濃くなっているかなというくらいで、髭の膨張をそんなに感じませんでした。

ヒゲが薄くなる過程の違い

脱毛メカニズムが異なるということは、ヒゲが薄くなる過程も従来の脱毛機とは異なります。

従来の脱毛機では、泥棒ヒゲになった後に髭が抜け始めます。レーザー照射から1週間くらい過ぎると、髭がポロポロととれてくるのです。そして、2週間後くらいには、かなり薄くなったことが実感できます。

ただし、この薄くなるは一時的なものです。

上記したように成長期の段階にある毛に対して、レーザーが効いて抜けてきたのですが、退行期や休止期の段階にあるところには効果がありません。それらは、時がたてば成長期へと移行し、毛がまた生えてくるのです。髭が濃くなってきますが、レーザー脱毛をする前よりかは、若干薄くなっているわけです。

メディオスターの場合ですと、従来のレーザー脱毛機のように、はっきりと髭が薄くなってくる時期というのはありません。少なくとも私の体験ではそうですね。

ポロポロとヒゲが抜けてくることは、けっこう気持ちよかったりするのですが、メディオスターでは、それは体験できないようです。

メディオスターの場合は、すぐに髭が抜け出すのではなくて、髭を再生させない効果があるのです。

照射漏れ発生度合いの違い

従来の脱毛機は、1ショットずつズラしながら照射をします。1ショット1ショットの間隔は、隙間なく等間隔に照射するのが望ましいわけですが、隙間が空いてしまうことがあります。

隙間が空いてしまうと、その箇所はレーザーが当てられていないことになり、脱毛が得られていないことになります。その箇所だけ髭が抜けずに残ってしまう。

技術力のある施術者であっても少なからず、照射漏れが発生してしまうことがあります。

若干の照射漏れであればそこまで問題ではないかなと、私は思っています。また次の照射を行うときにしっかり当ててもらえば、いいかなと思います。

また次に同じように、同じ個所を照射漏れしてしまうことはまずないでしょう。

メディオスターは、肌の上を滑らせながら、連続的に照射をします。それを複数回、往復させますから、照射漏れのリスクが減ります。

連続的に照射している部分では、照射漏れが起こらないわけです。

私が思ったのは、滑らせる箇所のスタート位置と終わりの位置付近に関しては、漏れが出る可能性はあるかもしれないと思いました。

まとめ

  従来の脱毛機 メディオスター
脱毛メカニズム 毛根を熱破壊する バルジという発毛因子を破壊して毛の再生をさせなくする
痛み とても痛い 痛いというよりジリジリと熱い
人によっては痛い
肌の状態 脱毛後は赤くなる
少し焦げ臭い
脱毛後でもあまり変化しない
泥棒髭 髭が濃くなり泥棒髭状態になる 少しだけ濃くなる
髭が薄くなる過程 1週間を過ぎたころにポロポロと抜けて一時的に薄くなる 髭がポロポロと抜けることはない
照射漏れ ありえる 少ない

タイトルとURLをコピーしました