大学生でヒゲ脱毛をやるのは早い?

ヒゲ脱毛の心配事

「大学生だけど、ヒゲ脱毛をするには、まだ早いかな?」

と思う方。今、ヒゲが濃いことに悩んでいるかと思います。私も、大学生のころにはかなりヒゲが濃くなり、悩まされていました。

時間もかかるし、カミソリ負けして血が出てしまったりと大変でした。

大学生でヒゲ脱毛は早いということはない

大学生でヒゲ脱毛するのは早くはないです。

ヒゲが濃いのであれば、むしろ大学生のうちからやることをオススメします。

その理由を解説します。

大学生のうちからヒゲ脱毛すべき理由

朝のヒゲソリ時間から解放される

朝のヒゲソリ時間にどのくらいかかっていますか?

私は、ヒゲ脱毛をする前には、10分はかかっていたのではないかと思います。

ヒゲを濡らして剃りやすくしたり、カミソリ負けして血が出てしまったらタオルでしばらく押さえていたりして時間がかかっていました。

ヒゲ脱毛をしてヒゲが薄くなれば、ヒゲソリの時間は確実に減りますし、カミソリ負けして血が出ることがほぼ無くなります。

私は、完全にヒゲが無い状態にはしていませんが、仮に完全に脱毛をしたら、ヒゲソリにかかる時間はゼロになりますね。

女性ウケがよい

一般的には、ヒゲが濃くて、夕方になると無精ヒゲになってしまうような男性は、女性からのウケがよくないですよね。

「ヒゲが似合ってカッコいい!」
「ヒゲがワイルドでいい!」

という声を聞くことがあります。これには、“ただし…”が付きます。

ただし、イケメンに限る。

ということですね。

かっこよくてヒゲが似合うのであればいいのですが、まあそうもいきませんね。私もヒゲ脱毛する前は、ヒゲが濃くて清潔感がない人間に見られていたでしょう。

基本的には、ヒゲが濃くなく、清潔感があるほうが女性に好まれるでしょう。

ここまでヒゲ脱毛の良い点を上げましたが、当然、悪い点や注意したい点もあります。

けっこうな費用がかかる

かなりヒゲが濃い方がヒゲ脱毛を行うには、十数万はかかります。

大学生にとっては、大きな金額でしょう。いや、社会人にとっても大きな金額です。

それだけの効果、生活上のメリットはあると思っていますが、なかなかの金額ではあります。

脱毛しても、ふたたび濃くなってくる可能性はある

大学を卒業して、社会人になり、25歳、30歳と年を重ねるにしたがってヒゲは濃くなっていきます。

大学生のときにいったんヒゲが薄くなったとしても、将来にまた濃くなってくる可能性はあります。

とはいえ、脱毛して薄くしておけば、将来濃くなってもめちゃくちゃ濃くなる、ということにはならないでしょう。

今脱毛をしておかないと、将来さらに濃くなってきて、もっと困ることになるかもしれませんね。

【結論】大学生でヒゲ脱毛は早くはない

大学生でヒゲ脱毛するのは、けっして早くはないです。ただし、それなりの料金がかかるので、お金を貯めるなど頑張ることが必要ですね。

タイトルとURLをコピーしました